ナニイロ

ひとりごと多め 思ったことを吐き出してます

楽しみがあるということ

1年前の今頃、私は会社を辞める気持ちが固まった。

あとはタイミング。どう切り出すか、いつを退職日にしようかと

考え始めた頃だった。

休日は苦手な運転の練習に明け暮れ、どんな車を買おうか

情報収集をしていた。

それまで苦手と思っていた運転はそれなりになり、行動範囲はまだあまり

広がっていないけど、好きな時に好きな場所へ行くことができるようになった。

毎日乗るということ、少しの時間でも続けていけば確実に力になるのだなと

思った出来事だった。

買ったばかりの頃は車両感覚をつかむのに苦労し、買い物に出かけてもなかなか

駐車ができず苦労したものだが、今はわりとすんなり入るようになった。

念のためにと思いつけたカメラはほぼ出番なし。安全確認に少し使う程度である。

 

 

1年後。

私は転職した。

生活リズムが変わったり、好きなものや時間の使い方にも変化があった。

英語に興味をもち、海外ドラマや洋画を好んで見るようになった。

いつもの日常から少し離れる時間はとても大切だ。

ストレスは切っても切り離せない。物理的に距離を置くのが一番らしいが

職場の人間関係などはそれがなかなか難しい。

せっかくの休みは仕事のあれこれを一旦忘れて好きなことをしよう。

体にも心にも休息を。そう思うようになった。

2時間でいろんなものを見て、考えて、感じて。

次の週末は何を見ようか。

ちょっとした楽しみがあると、退屈な毎日も違って見えてくる気がしている。