ナニイロ

ひとりごと多め 思ったことを吐き出してます

ムダなんかじゃない

「もっと早く決断するべきだった。だらだらと過ごしてしまった。」

体調はよくはない。それは自分がよく分かっている。

ごまかしているし、我慢しているし、もう日常の一部みたいになっている。

病院はなんかあまり好きじゃないのだ。

できれば薬に頼らずいたいなとも思っていて、なんとなく足が向かない場所である。

あれやこれやをぽろぽろこぼし、やっぱりおかしいことを再確認した。

でも、どこにでもそういうことはあるとも聞いた。

おかしい人、おかしなことは溢れている。

そのなかで自分らしく生きていくためにどうするか。

時には受け流すことも必要だろう。真正面からぶつかることだけが正解じゃない。

時にさらりとかわしていかなければ心身ともにもたない。

出てくるのは後悔と反省。

そんな時、「ムダなんかじゃない」という一言にとても救われた。

長い間こんな環境で頑張ってこれたのだから、きっと成長もしているはず。

それは自信になっているのでは。

確かに少しは大人になったかもしれない。

今でもめげるししょげるし、自分へのあたりがやたら強いことに悩んだりして

嫌になって、すぐにでも他のところ行きたいと思うけれど。

いつか分からない。すぐかもしれないし、もっと後になるかもしれない。

でも、その日はきっとやってくる。

それまではちゃんと働き続けたい。働き続けなければと思うのだ。

体があっての毎日。体が資本。

いつまでもごまかし続けられるわけではないから一度行ってみようか。