ナニイロ

ひとりごと多め 思ったことを吐き出してます

時間よりも中身の濃さ

連休明けではあったが特に大きなトラブルもなく、極めて平穏に仕事を終える

ことができ、予定通り会社を飛び出した。

 

こちらは朝から雨がぱらついていたのだが、あちらはいい天気だという。

荷物になるのは嫌なのでとりあえず折り畳み傘を持って家を出た。

曇ったかと思えば時折晴れ間が見えたりして、秋の空は変わりやすいのだなと

改めて思ったりした。

昼近くになると空が暗くなり雨が降ってきた。

折りたたみ傘を差しながら足早にバス停に向かった。

 

前回は初夏だったな。日中は暖かいのに朝晩は冷える。

夏の間にも1人旅をしたけれど、帰省ラッシュと重なっていたこともあり

新幹線を利用したのだった。

季節は夏を通り越し秋になっている。こちらとあちらでは気温差もあるようだ。

久しぶりのバスの旅。

速くて便利な新幹線で、とも考えたが久しぶりにゆっくり向かうのも

いいなと思った。

バスに揺られること数時間。あちらに近づくにつれきれいな秋晴れの空が広がる。

日が暮れた頃目的地へ着いた。さまざまに光る明かりのなか真っ赤な光が

飛び込んできた。東京タワーだ。まじまじと見たのは初めてだった。

 

振り返れば、滞在時間の倍の移動時間をかけ向かった。

ずいぶんと駆け足な旅ではあったが楽しく過ごすことができ、

行ってよかったと心から思った。

時間が限られているからこそ、どうやったらやりたいことを全てできるだろうかと

一生懸命考えた。買いたかったものも無事買えたし、見たいものも見れた。

濃い時間を過ごせたと思う。

身の回りが慌ただしくて心が落ち着かない日々を過ごしているが

癒やされたし、いい気分転換にもなった。

次回はもう少しゆっくりできそうなので、のんびりと散歩したい。