ナニイロ

ひとりごと多め 思ったことを吐き出してます

ひとり

誰かと言葉を交わすことが苦痛に思える時があるのに、

一方で、話を聞いてほしくてたまらない時がある。

あぁなんて面倒くさい奴。自分でも呆れてしまう。

ひとりごとでもいいから、何か言葉を発さないとおかしくなる。

内にこもった思いを溜め込みすぎるといつか爆発する。

自分1人で抱えきれるのなんてわずかなもの。

書くことでもいい。とにかく、溜め込みすぎるな。

 

人と接する楽しさとこわさを天秤にかけるとどうだろう。

どちらかというと関わりを避けて歩いてきた。

それがよかったのかどうかは分からない。

さみしさを感じることもあれば、1人のよさを実感することもある。

いつでもどこにいても誰かとつながれる時代。

それはそれで苦しかったりもする。

1人=さみしい

そんな風には思わない。

私にとっての1人とは、自分のペースで時間を使える人。

羨ましくて、かっこいい。

あえてぼーっとする時間を作ること、自分のために使う時間を

確保すること。

こういう時代だからこそ、大切だと思う。

 

何かの縁で出会えたこと、それはまるで奇跡のよう。

これからはひとつひとつの縁を大切にしていきたい。

不器用だけど、距離を縮めるまで少し時間はかかるけど、

人見知りです、と宣言するのだけは控えようと思う。