ナニイロ

ひとりごと多め 思ったことを吐き出してます

適材適所

考え方や感じ方は人の数だけある。

得意、不得意もそれぞれだ。

そうしたことを踏まえた上で、「適材適所」に配置できたら

もっと効率がよくなるのに。

不得意なことも一生懸命やり上達するのを待つのもひとつの方法だが

得意なことをさらに伸ばすのもいいではないか。

ここはわたしが、こっちはあなたが。

そんな風に分担したほうがうまくいく場合もきっとある。

無理に身につけさせなくても、コストや時間を総合的に考えたら

全くの初心者よりも経験者を選んだほうがいいのではないか。

新しい何かを身につけていくことだけが成長ではない。

いつもやっていることのなかにも、成長できるポイントは隠れている。

どうやったらミスを減らせるだろう、自分にはこっちの方法のほうが

やりやすい、などいろいろある。

そういうことを考えて実行していくのも成長である。

現状に妥協せず、満足せず、もっともっと。

そんな気持ちを持ち続けることも大切だと感じている。