ナニイロ

ひとりごと多め 思ったことを吐き出してます

私と東京と

東京へ1人旅をするようになってまもなく1年。

いろんな街へ出かけ、たくさんのものを見たり聞いたりした。

方向音痴なのは自分がよく知っていた。

東京への憧れはこれっぽっちもなく、大都会東京は私にとって

ただただ怖い街。よっぽどのことがない限りわざわざ出かけて行くなんて。

ましてや1人で歩くことなど考えられなかった。

 

その場所に行かなければ見れないものがたくさんあることを知る。

あの時行っておけばよかった。そんなふうに思うことが多くなった。

行かないで後悔するのは行って後悔することの何倍も何十倍も悔しい。

よし、行こう。

少々強引だけど怖くて仕方ないけど、勢いで新幹線を予約した。

初めての1人旅は前々から生で見たいと思っていたライブに行くことにした。

旅行に必要なあれこれを準備するのは大変でもあったけど楽しかった。

あっという間に当日を迎えた。

チケットを握りしめ改札に向かう。いよいよ1人旅が始まる。

数時間後には念願のあのライブ会場にいる。楽しいはずなのに不安が

押し寄せる。何度もチケットを確認し指定された席に腰を下ろす。

発車時刻となり新幹線は走り出した。

抑えていたけれど限界だった。慌ててハンカチで顔を抑えた。

ふと窓の外に目をやると、とてもきれいな青空が広がっていた。

ぼんやり眺めていると不思議と気持ちが落ち着いた。

数時間後、定刻通り終点の東京へ着いた。

 ここからが問題である。

東京駅には前に一度だけ来たことがあるがその時は他の人もいた。

その後ろをついて歩いたのでどこになにがあるのかさっぱり分からない。

案内板を必死に追いながら丸の内側へ向かうことにした。

どこに行っても人、人、人。ぶつからないよう気をつけながら歩く。

テレビで見たことある景色が目の前に広がっていた。

せっかくなので八重洲側へも行ってみた。

おや。意外と大丈夫かもしれない。この頃には不安はすっかり消えていた。

 

行きたいと願っていたライブはとても楽しかった。

来てよかったと心から思った。

夜になっても人の流れは途絶えることなく、さすが東京だなと感じた。

それからというもの時間を作ってはたびたび上京している。

怖いと思っていた大都会東京は、行ってみると楽しい街だった。

ここに来なければ見れないものがたくさんある。

決して近くはないけど、遠くもない。住みたいかと言われると少し違う。

息抜きを兼ねて時々遊びに来たい場所。

私にとっての東京はそういうところなのである。

東京駅