ナニイロ

ひとりごと多め 思ったことを吐き出してます

Take it easy

9連休は掃除して、映画見て、ランチに行って、後はのんびり。

自由に使える時間のありがたさをしみじみと感じたのでした。

休み明けは怒涛の忙しさ。

キリのいいところで辞めていたあれこれが一気に降り掛かってきたから

さあ大変。

とても今日1日では終わらない量だったので、明日以降に持ち越しです。

焦ってやるのは失敗のもと。

スピードだけじゃなく、正確性も重要だから。

ミスをしない、これがゴールへの最短ルートな気がします。

 

最近は海外のものに触れていて、日本人とは違う感覚に

ほぉーっとなっています。

違う文化を知ることは、いい刺激になるし、日本という国を

改めて知るきっかけにもなったりして、楽しいです。

まだまだ体は休みモードで、気温の変化もあり、体調がいまいちなのですが

肩の力を抜いて、徐々に慣らしていけたらと思います。

 

半年

新しい環境に飛び込んで間もなく半年が経つ。

 

まだ半年なのか、もう半年なのか自分ではよく分からない。

仕事の内容なども変わってこの1ヶ月は特に慌ただしく

過ごしていた。

今日は月末。連休前ということもあり朝からずっとバタバタと

走り回っていた。

それでもなんとか過ごせたのは、少々毒を吐きつつ、時に雑談をするという

時間があったから。

どうしても分かり合えない人はいる。好き嫌いを仕事に持ち込むのは

よくないと思うし、そういう人ともうまく付き合っていかなければいけない。

自分の思いを誰かと共有しているというのは強い支えになってくれた。

同じように思っている人がいることを知った時、少し気持ちが楽になった。

 

できれば連休に入る前にあれこれを片付けておきたかったけど、量が膨大すぎたため

諦めた。ここで焦ってもきっと間違う。連休明けはその修正に追われる。それが誰かに

迷惑をかける。

連休が明けたらまた頑張ろう。まだ十分間に合うのだから。

忙しい時こそ息抜きを。集中力はそんなに長く続かない。

適度に休憩を挟んだほうが結構うまくいくものだ。

連休中はやりたいことをやって、体と心を休めよう。

 

 

 

 

4月

新しい環境で4月を迎えるのは数年ぶりである。

何が変わるでもなく、3月から続いている毎日の仕事を今日も明日も

こなしていく。

新しいことを始めたり、気分を変えてみたくなるのが春という季節の

特徴のような気がする。

まだ寒い日に切った髪がだいぶ伸びてきた。

そろそろまとまりが悪くなる頃。

いつもなら、定期的に美容院へ行くのだがここのところはいろんなことに追われ

疲れていて、気力も体力もいまいちのためそんな余裕がなく、気になりつつも

見て見ぬふりをしていた。

どんな髪型にするかは、席に通され、鏡を見てから直感でオーダーする。

伸ばしたい、短くしたい、整えたい。

今の気分はどれだろう。

次にここに座る時まで快適に過ごすにはどのオーダーがいいのか。

クセを活かしつつ、朝のセットが楽であること。

これが条件。

あとはいつもお世話になっている方に任せている。

最近は現状維持の状態が続いている。

特に変わりたいという気持ちがない。伸びた分を切り整えるだけ。

疲れている状態の時はそういうことが多い。

変わるということには結構気力を必要とするから、元気がいい時じゃないと

私には無理なのだ。

春だからか髪型を変えた人をたくさん見かけた。

まだ照れくさそうにしている姿もなんだかかわいらしい。

伸びて重くなった髪を軽くしたら、私の心も少しは軽くなるだろうか。

目にかかるこの前髪を切ったら、見える世界は変わるだろうか。

週末は美容院に行ってこよう。

 

何のためのルール

手順や方法は何のためにあるのだろう。

自分流のそれをさも正論かのように言い、押し付ける。

もちろん小言と嫌味がセット。

羨ましいの?妬んでるの?

まぁどうでもいいけど、この行為にうんざりしている。

例えば、トイレは何分以内、1日に○回まで。

それに何の意味がある。正当性は感じられない。

そんなの自分だけが守っていればいいだろう。

そもそも生理現象をなんとかしようというのは無理がある。

細かいところに目をつける。

人を監視するかのように。

他人のトイレの回数ってそんなに気になる?

というか気にしてる??

そんな暇あったらしっかり仕事しろよ!!!

ここには長くいられないような気がしている。

おかしくなるんじゃないかと思うのだ。

ペース

今週はずっと書類と格闘している。

数時間はにらめっこが当たり前。

目は疲れるし、肩は凝るしでなかなか大変。

でもこの作業自体は嫌いじゃない。

 ゆとりが少なくなっているという自覚があり、意識的に小休憩を

挟むようにしている。(でも全然休めてない...)

いろいろ抱えているというのにさらにどさーっと積み重なって

なんかもう手一杯。

連日この作業の繰り返しだから疲れもピーク。

溜まる書類。溜まる疲れ。

書類の山に囲まれるというのはそれだけでストレスなのだ。

そもそもこれは本来自分の仕事ではなかった。

他の人が抱えていたのだが、無理という理由で私の元へやってきた。

仕事の進め方に問題アリな気がしていたのだがやはり...

私がやらなければいけない仕事がある。その仕事の邪魔にならないようなペースで

やっていこう。

最初ということで力を入れすぎたのか、かなりオーバーペースになっていたなと

反省した。

頼まれるとつい頑張ってしまう。

そんなところにつけこんで周りに仕事を丸投げする人もいるということ。

忙しそうにしているけれど、ほんとはそんなに仕事してなかったんだなぁ。

というかできていない。

窮屈な時間の使い方では仕事に雑さが出る。

終わればいい、間に合わせなければ、が優先されてしまう。

丁寧にやるにはやはりゆとりが必要だ。心にも時間にも。

春分の日がやってくる。そろそろ寒さも和らぐだろうか。

 

ご機嫌でいること

冬から春へ向かう途中。

寒さもだいぶ和らいできた。

けれど体はすぐには対応できず、今週は疲れを残したまま

ぼんやり過ごしている。

さあ残り2日だーとなんとか気合いをいれて出社したものの

朝イチで目の前には書類の山。

しめて3年分。

溜めに溜めたなぁなどと呑気に構えている場合ではない。

この会社に入って気づいたこと。

それは整理整頓が苦手なのである。ほぼ全員。

あちこちに未分類の書類がある。

ファイルに綴じるなんてほとんどされていない。

ファイリングのルールみたいなものもない。

入社からずっと書類の山と格闘している。

そんな日々も数ヶ月が経ち、わたしも少し疲れてきている。

これよろしくとばかりおかれた書類の山。

分類し、まとめて、穴をあけて、次から次へととじていく。

こういう地味な作業はそんなに嫌ではないけれど、本人は本人で

悪びれる様子もなく、完全に人任せ。

そういう態度にはイラッとしてしまう。

3年分を片付けるのに午前いっぱいかかった。

日頃からまめにやっていればこんなことにはならないのに。

終わりましたと持っていくと、「あ、はい。」

ありがとうの言葉すらなかった。

夕方。

あなた午前は機嫌が悪かったわね~と言われた。

誰のせいだと思ってるんだ。あんたのせいだよ。

書類の山と格闘しているわたしに次から次へと仕事をもってきても

いたな。自分のことは自分でやれよ。責任もてよ。

その場はなんとかかわしたものの、なんとも言えないもやもやが残った。

 

機嫌よく過ごそうと思った。

人間とはこういうものだ。

なんか怒ってんなー、触れないでおこうと思うだけ。

原因は本人にしか分からない。

他人に振り回され、イライラするのってなんかもったいない。

イラッとすることもあるけれど、人にも物にもあたらない。

少し席を立って気分転換してもいい。

なんでもかんでも引き受けると、周りはどんどん自分の仕事をしなくなる。

押し付けてくる。それが当たり前になる。

だからほどよくゆっくり丁寧に、くらいがここでは

ちょうどいい。

 

 

ほどよい真ん中

目が回るほど忙しいわけではないのに

なんだかぐったりしている。

体ではなく心が。

 

人の集中力なんて高が知れている。

外回りなら自分の時間を作れそうですが、内勤だとそうもいかず。

時々息抜きをしつつなんとか1日を過ごしているわけです。

コーヒーを飲む、昼寝、外の景色をぼーっと眺める。

それは人それぞれにあるわけで。

自分に厳しいのはいいけど、人、周りにも同じくらいの厳しさを

求めるのは違うと感じる。

同じ空間で同じ時間を過ごしているととても疲れる。

自分のペースを乱されるとすごく嫌な気分になるんだなぁわたしは。

それでいて的外れなことを言ったり、変におせっかいだったりするので

なおさら疲れてしまう。

適度なゆるさというか、ゆとりは必要じゃないかと思います。

息抜きとサボりは違うよね、ということです。

 

家に帰ってからもいろいろ溜めてしまっていることがあり...

やらなくちゃ、やりたい、と思いつつも疲れに負け、眠気に負け、

なかかな手を付けられぬまま時間ばかりが過ぎている状態。

忙しい時こそゆとりを。

焦らずじっくり向き合っていこうか。

休みの日が待ち遠しい今日この頃です。